グローバルビジネスお役立ち情報

Webサイトの多言語化を効果的かつ低コストで行なうには

 

事業のグローバル化に於いて、Webサイトの多言語化は大きなウェイトを占めます。Webサイトは企業や組織の「顔」であるからこそ、翻訳には細心の注意を払わなければなりません。

 

いい加減に進めてしまうと、せっかくのWebサイトが持つ効果が薄れてしまうだけでなく、作業の進め方によっては余計なコストや時間がかかってしまう可能性があります。

 

本記事ではWebサイトを外国語に翻訳する際の注意点についてまとめています。

翻訳対象を吟味する

翻訳を依頼する前に、「どのページの、どの部分を翻訳するのか」をあらかじめスクリーニング(取捨選択)しておくと、翻訳料金・納期の節約につながります。Webサイトの翻訳では、翻訳不要となる箇所が多々発生します。例えば、日本国内向けの情報は多くの場合、海外に発信(翻訳)する必要はありません。

 

しかし、翻訳不要な箇所の指示がない場合、翻訳依頼先は指示されたページにあるすべてのテキストを自動的に翻訳対象と判断してしまいます。そして翻訳完了後に「やはり翻訳する必要はなかった」と気付いても、すでに翻訳してしまった分については作業料金が発生してしまいます。翻訳料金の節約と納期の短縮にもつながるため、翻訳対象をスクリーニング(取捨選択)しておきましょう。

 

なるべく確定原稿を入稿する

例えば原文(原稿)である日本語ページを作成しながら同時に多言語化も進めている場合、日本語ページの内容がなかなか確定できないケースもあるでしょう。しかしながら、できるかぎり日本語ページの内容が確定してから翻訳作業を進めるようにしましょう。

 

日本語ページ内容が未確定なまま翻訳を進め、途中で(日本語ページ内容に)大幅な修正、変更が加えられた場合、先述のとおり再翻訳する必要がありその分の翻訳料金が新たに発生し、納期が延びることになりますが、確定した原稿を入稿するようにすれば、最小限のコストと納期で翻訳を行なうことができます。

 

MS WordやMS Excelファイルなどドキュメント(原稿)を提供する

翻訳を依頼する際は、翻訳対象ページのURLを翻訳依頼先に伝えるのではなく、翻訳対象ページ内テキストをMS WordもしくはMS Excelにまとめたものを提供するのがもっとも望ましい形です。

 

特にサービス紹介や製品紹介ページが膨大な数になる場合や、文字画像が大量にある場合は、ページから翻訳対象となるテキストを抽出する負荷が大きく、見積もりにもかなりの時間を要します。また、翻訳会社と翻訳者間で取引される「翻訳用原稿」を作成する手間がかかるため、翻訳料金とは別に「原稿作成料」が発生する可能性もあります。

 

参考情報として各ページのURLを連絡する

テキストファイルにまとめられた原文(原稿)の字面だけを見て翻訳する場合、コンテキストの把握が難しいことがあります。原文(原稿)の内容がどのWebページに該当するのかを指示しておけば、翻訳依頼先はコンテキストを把握したうえで翻訳することができるようになります。

 

例えば「どの文言が見出しで」「どの文言が本文なのか」などは、テキストファイルにまとめられた原文(原稿)だけでは判断しづらい場合がありますが、該当するWebページを参照することで、その内容や文言に相応しい翻訳を行なうことができます。

 

指定用語がある場合はあらかじめ伝えておく

「この文言はこう翻訳してほしい」という要望がある場合は、原文(原稿)の提供と同時に指示しておきましょう。できれば「対訳表(または用語集)」を作成、提供することをお勧めします。「対訳表(または用語集)」を提供すれば、翻訳依頼先は翻訳ソフトのデータベースにそれを登録し、「指定用語の使用に漏れがないか」を自動的に確認しながら翻訳作業を行なえるので、翻訳品質の向上につながります。

 

用語に関する指定が無く、「なるべく既存のWebサイトの内容に合わせて欲しい」といった曖昧な指示をした場合、「翻訳品質は翻訳依頼先のリサーチ頼み」になってしまうため、期待した翻訳結果にならない可能性があります。また、ボリューム(分量、文字量)が大きく納期も限られている場合は複数の翻訳者による作業同時進行での対応が一般的ですが、このような場合にも翻訳後の内容(用語)にばらつきが出ることにつながります。

 

しかしながら指定用語をあらかじめ伝えておくか「対訳表(または用語集)」を提供することで、このようなばらつきを防ぐことができます。

 

スケジュールに余裕を持たせる

企業や組織の「顔」となるWebサイトの翻訳では、組織内の人間にしかわからないニュアンス等も含まれるため、期待したどおりの翻訳結果かどうかを入念に確認するための「レビュー期間(翻訳内容確認期間)」を設けることをお勧めします。

 

Webサイトの公開ギリギリのタイミングで翻訳を行なうと、この「レビュー期間(翻訳内容確認期間)」を満足に取ることができません。結果、十分に吟味できないままWebサイトを公開することとなり、効果が低減してしまいます。

 

「翻訳期間」とその「レビュー期間(翻訳内容確認期間)」を十分に取れるだけの、余裕のあるスケジュールを設定するようにしましょう。

 

尚、「翻訳にかかる日数」の目安については、当社ホームページをご参照ください。

https://www.novanexus.co.jp/

 

まとめ

企業や組織のブランディングに大きな役割を果たすWebサイト。本記事に記載した事前準備を行なうのと行なわないのでは、翻訳品質とその効果が大きく変わってきます。

 

見切り発車で翻訳を行なうことはコストと時間を失うことにつながり、せっかくのWebサイトの効果を大きく損なうことになりかねません。さらに、翻訳品質の低いWebサイトは企業・組織のブランドを傷付けてしまいます。

 

そのような事態に陥らないよう、Webサイトを翻訳する際は十分な余裕を持ち、必要な情報を惜しみなく提供するように心掛けましょう。

 

 

以上が「Webサイトの多言語化を効果的かつ低コストで行なうには」ですが、詳細確認がご必要な場合はお気軽にお問い合わせください!

翻訳依頼はとっても簡単

見積ご依頼の際に必要な情報

  1. 【1】翻訳言語(何語から何語への翻訳をご希望か)
  2. 【2】原稿内容(契約書、マニュアル、カタログなど)
  3. 【3】原稿文字数または、単語数

   ※原稿(紙、電子ファイル)があれば、より正確なお見積もりが可能です

納期とご納品までの流れ

納期は原稿の量、ご要望の翻訳品質、ご納品形式、等により変動します。
詳細はこちらからご覧ください >

ご納品までの流れは次のとおりです。
※一部をのぞき、ご請求は原則最終ご納品後となります

  1. 【1】フォームからお問い合わせください
  2. 【2】お電話または、メールご連絡いたします
  3. 【3】原稿をお送りください(紙、電子ファイル、URL等)
  4. 【4】お見積もりご提案します
  5. 【5】ご検討の上ご発注ください
  6. 【6】翻訳+ネイティブチェックをいたします
  7. 【7】一次ご納品します
  8. 【8】翻訳内容をご確認ください
  9. 【9】修正ご対応します(ご必要な場合)
  10. 【10】最終ご納品後、ご請求となります