グローバルビジネスお役立ち情報

中国語に翻訳する際に注意するべきポイントとは?

 

中国語を母語とする話者数は13億人以上にも上ります。日本にも毎年多くの中国人観光客が訪れており、インバウンド需要も高い言語です。しかし、一口に「中国語翻訳」と言っても、ターゲットとする国や地域によって使用されている字体に違いがあるので注意が必要です。

今回は中国語の字体である「簡体字」と「繁体字」について説明します。

 

簡体字と繁体字

簡体字とは?

簡体字(Simplified Chinese)とは、中国共産党政府によって1956年に利便性の向上を狙いとして考案された字体です。漢字の複雑な偏(へん)や旁(つくり)がその名のとおり簡略化されています。画数が少ないため従来の漢字と比較するととても書きやすく、覚えやすい字体です。

 

繁体字とは?

繁体字(Traditional Chinese)は、その英語訳からもわかるように、昔から使用されてきた漢字の字体を指します。日本でも戦前まではこの繁体字が使用されていました。戦後に「略体字」と呼ばれる繁体字を簡略化した字体が導入されましたが、それでも日本で用いられている漢字は、簡体字よりは繁体字に近い字体です。

 

中国語圏と使われる字体

簡体字が使用されている国・地域

簡体字は、以下の地域で主に用いられています。

・中国本土
・シンガポール
・マレーシア

簡体字は中国で標準語として定められており、公文書も簡体字で書かれています。
シンガポールとマレーシアは中国語を国語としているわけではありませんが、在住している華人は簡体字を用いています。

 

繁体字が使用されている国・地域

繁体字は、以下の地域で主に用いられています。

・台湾
・香港
・マカオ
・中国南部(福建省、広東省)

香港の繁体字は、基本的に台湾で使用されている繁体字と同じですが、多少言い回しや表現に違いが見られる場合があります。台湾で使われる単語はすべて中国大陸由来の物ですが、香港はその歴史や地理上の理由で単語にも様々な由来(英語や広東語の影響)があるためです。ただし基本的には同じ繁体字なので、書き言葉に大きな違いはありません。

 

簡体字と繁体字は通じ合えるの?

表記に違いはあるものの、簡体字ユーザーが繁体字を見れば意味の推察はつくようです(逆もまた然り)。また、オーラル(口頭)コミュニケーション上も特に大きな障害はありません。

しかし、中国語には様々な方言があり、方言によっては同じ字体でもまったく通じ合えないケースがあります。

例えば広東語。中国大陸南部や香港で用いられている方言ですが、中国標準語とまったく違う発音体系を持っているため、同じ中国語であっても、標準語の話者と広東語の話者との間での会話は成立しません。

 

文字コードの違い

文字コードとは、それぞれの記号に割り当てられている数値のことです。コンピュータは数値でしかデータを扱えないため、このような仕様になっています。

日本語の文字コードと中国語の文字コードは、同じ2バイト文字ではあるものの、互換性はまったくありませんので、中国語フォントをインストールしていないPCで中国語ドキュメントを開くと、文字化けしてまったく読めない…という事態に陥ってしまいます。

さらに、同じ中国語であっても、簡体字と繁体字では使用される文字コードが違うことに注意してください。簡体字フォントしかインストールしていない環境で繁体字ドキュメントを開いた場合も同じ文字化けしてしまいます。

 

簡体字の文字コード

簡体字では、「GB2321」と呼ばれる文字コードが用いられています。「GBコード」とも呼ばれます。基本的に簡体字のウェブサイトはこの「GB2321」を用いて作られています。

 

繁体字の文字コード

繁体字では、「Big5」と呼ばれる文字コードが主に用いられています。1984年に、台湾の5大パソコンメーカーによって策定されたため、この名がつきました。

 

まとめ

一口に「中国語」と言っても、地域によって使われている字体に違いがあります。また、さらに細かく言うと、地域によって方言があり、同じ字体を使っていても使われる言い回しや表現に違いが見られる場合があります。

翻訳会社に依頼する時には、少なくとも簡体字と繁体字どちらで翻訳するのかを指定するようにしましょう。

 

以上が「中国語に翻訳する際に注意するべきポイントとは?」ですが、詳細確認がご必要な場合はお気軽にお問い合わせください!

翻訳依頼はとっても簡単

見積ご依頼の際に必要な情報

  1. 【1】翻訳言語(何語から何語への翻訳をご希望か)
  2. 【2】原稿内容(契約書、マニュアル、カタログなど)
  3. 【3】原稿文字数または、単語数

   ※原稿(紙、電子ファイル)があれば、より正確なお見積もりが可能です

納期とご納品までの流れ

納期は原稿の量、ご要望の翻訳品質、ご納品形式、等により変動します。
詳細はこちらからご覧ください >

ご納品までの流れは次のとおりです。
※一部をのぞき、ご請求は原則最終ご納品後となります

  1. 【1】フォームからお問い合わせください
  2. 【2】お電話または、メールご連絡いたします
  3. 【3】原稿をお送りください(紙、電子ファイル、URL等)
  4. 【4】お見積もりご提案します
  5. 【5】ご検討の上ご発注ください
  6. 【6】翻訳+ネイティブチェックをいたします
  7. 【7】一次ご納品します
  8. 【8】翻訳内容をご確認ください
  9. 【9】修正ご対応します(ご必要な場合)
  10. 【10】最終ご納品後、ご請求となります