グローバルビジネスお役立ち情報

DTPって何?翻訳会社にレイアウト作業も頼みたいとき

 

パンフレットやチラシなどの紙媒体やWebサイトに関する作業を依頼するとき、「DTP(ディー ティー ピー)」という言葉を耳にすることがあると思います。DTP作業に対応している翻訳会社に翻訳を依頼する際、DTPも一緒に頼むとその後に自社でレイアウト調整などを行なう手間が省けます。

 

それではDTPとはどのような作業なのでしょうか?ピンと来ない方もいるのではないでしょうか。本記事では、DTPおよび、DTPが必要になる理由について解説します。

 

 

DTPっていったいどんなもの?

 

DTPとは、「Desktop Publishing(デスクトップパブリッシング)」の略語です。日本語に直訳すると「卓上出版」となりますが、これはすなわち「コンピューター上でドキュメントのデザインやレイアウト、編集を行うこと」を指しています。

 

DTP技術が出現する前、新聞や雑誌、書籍といった紙面のデザイン、版下(はんした)作成、製版(せいはん)などの一連の作業は細分化されていましたが、コンピュータ上で完結できることになったことで、1人ですべての作業を終えることも可能になりました。

 

取扱説明書やパンフレット、チラシなど、いまやあらゆるドキュメントがDTP工程を経て作られており、紙面作成には必要不可欠な作業なのです。

 

 

DTPが翻訳で必要になる理由

 

それでは翻訳作業時になぜDTP作業が必要になることがあるのでしょうか?
主な理由は次のとおりです。

 

翻訳後にページ調整が必要になるから

 

たとえば日本語を英語に翻訳した場合、文章全体の文字数は増加します。

文字数が増えると、例えば翻訳の元になった日本語語の文章では1ページ内に収まっていたものが、英語に翻訳すると2ページにまたいでしまう…ということがあります。そして、ページをまたいだ結果、2ページ目の余白が大きくなると見栄えがあまりよくありません。

このようなときにDTP作業を行なうことで、2ページにまたがったものを1ページ内に収めたりまたは、全体のデザインを調整して余白を目立たなくしたりすることができます。

 

使用するフォントが重要になるから

 

文章を翻訳して外国語にする場合、「フォント」を軽視することはできません。翻訳後の外国語が読まれる地域に適さないフォントを使用すると、一部が文字化けしてしまう可能性もあります。また、なにを訴求するのか、という文章の内容によっても適切なフォントは変わります。

 

改行位置の重要性・ハイフネーション

 

たとえば英語の場合、単語の途中で改行をするときには音節の区切りに -(ハイフン)を挿入する必要があります。これをハイフネーションといいます。英語以外でもたとえばタイ語などでは、改行を行なう際は慎重にならねばなりません。適当に改行を入れてしまうと、それだけで意味が変わってしまったりする可能性があるからです。

これら外国語特有の懸念事項は、翻訳会社にDTP作業も頼んでしまうことで払拭できるでしょう。

 

DTPに使用する主なソフトウェア

 

DTP作業で使用する主なソフトウェアには、次のようなものがあります。

 

Adobe InDesign(インデザイン)
FrameMaker(フレームメーカー)
Adobe Illustrator(イラストレータ)
Photoshop(フォトショップ)
Microsoft Word(マクロソフト ワード)

 

一般的には文章のレイアウトにInDesignやFrameMakerを使用し、それに挿入するための画像を作成するのにIllustratorやPhotoshopを使用します。ただし、一枚もののチラシやパンフレットなどでは、Illustratorだけで作成する場合もあります。

 

尚、これらレイアウト作業を行なう場合、一般的に「DTP費用(またはレイアウト料)」というレイアウト調整費が(翻訳料金とは別に)発生します。しかし、Microsoft Wordファイル形式の文章でレイアウト作業を行なう場合は、前述のそれ以外のソフトウェアを使う場合に比べて「DTP費用(またはレイアウト料)」が発生することは多くはありません。ただし、文章がXMLというコードを使って作られていたり、文章内に図表が多くその調整に工数(手間)がかかる場合は、「DTP費用(またはレイアウト料)」が発生します。

 

 

翻訳を依頼するときに一緒に提供するとDTP作業が効率的になるもの

 

たとえばInDesignで作成した文章の場合は、「PDFファイル形式に出力したもの」よりも「InDesignファイル形式の元のデータ」を翻訳会社に支給したほうが、DTPの工数と費用は節約できます。

 

元のデータがあれば、それに翻訳文を上書きしたあとにレイアウトを調整するという工程で作業が完了しますが、元のデータが無いと翻訳会社で初めからデザイン含めすべてを作成する必要が生じるためです。

 

また、元のデータがIllustratorファイル形式の場合、翻訳会社に支給するのは「アウトラインがかかっていないファイル」が望ましいです。アウトラインがかかっているファイルでは、そこに含まれる文章を抽出するのに工数がかかるためです。

 

 

翻訳支援ツールに取り込めるファイル形式

 

翻訳者がより高品質な翻訳を効率的に行うために使用するソフトウェアである「翻訳支援ツール」。それに翻訳の元となる原稿データを直接取り込むことで、「テキストを一旦WordやExcelにコピー&ペーストして翻訳を行なう」といった面倒な作業が不要となりとても便利です。

 

翻訳支援ツールのうちメジャーな「Trados(トラドス)」と「Memsource(メムソース)」では、次のようなファイル形式を取り込むことができます。

 

Microsoft Word
Microsoft Excel
Microsoft PowerPoint
Adobe PDF
Adobe InDesign
Adobe FrameMaker

 

上記のとおり「Adobe PDF」も翻訳支援ツールに直接取り込み、翻訳(を上書き)することは可能ですが、前述のとおり翻訳の流し込みやその後の調整作業が困難になるため、原稿は元のデータファイル形式で支給したほうが良いでしょう。

 

尚、翻訳支援ツールについては、弊社の別記事「翻訳支援ツールってなに?使うメリットと注意点」をご参照ください。

 

 

まとめ

 

本記事では「レイアウト作業も含めて翻訳を依頼する場合」に必要になる「DTP作業」について解説しました。外国語でのDTP作業にはさまざま点で注意が必要なため、できれば翻訳は「DTP作業も可能な翻訳会社」にまとめて依頼するのが安心です。また、デザイン面での訴求力をお求めの場合も、外国語および、現地事情に精通した翻訳会社にDTP作業を相談してみるのも良いでしょう。

 

 

以上が「DTPって何?翻訳会社にレイアウト作業も頼みたいとき」ですが、詳細確認がご必要な場合はお気軽にお問い合わせください!

翻訳依頼はとっても簡単

見積ご依頼の際に必要な情報

  1. 【1】翻訳言語(何語から何語への翻訳をご希望か)
  2. 【2】原稿内容(契約書、マニュアル、カタログなど)
  3. 【3】原稿文字数または、単語数

   ※原稿(紙、電子ファイル)があれば、より正確なお見積もりが可能です

納期とご納品までの流れ

納期は原稿の量、ご要望の翻訳品質、ご納品形式、等により変動します。
詳細はこちらからご覧ください >

ご納品までの流れは次のとおりです。
※一部をのぞき、ご請求は原則最終ご納品後となります

  1. 【1】フォームからお問い合わせください
  2. 【2】お電話または、メールご連絡いたします
  3. 【3】原稿をお送りください(紙、電子ファイル、URL等)
  4. 【4】お見積もりご提案します
  5. 【5】ご検討の上ご発注ください
  6. 【6】翻訳+ネイティブチェックをいたします
  7. 【7】一次ご納品します
  8. 【8】翻訳内容をご確認ください
  9. 【9】修正ご対応します(ご必要な場合)
  10. 【10】最終ご納品後、ご請求となります